操作ガイドメニュー

APIエラーのリスト

下記は、APIが生成するエラーのリストです。これを利用して開発者は、すべてのAPIエラーを記録及び分析し、アプリのバグ修正やユーザー間のアップデート配布など、適時に対処することが可能です。例えば、同じリクエストが繰り返し繰り返される場合、同じエラーが発生する"間違った"リクエストからAPIを積極的に保護しています。これには、IPとサブネットの禁止、および深刻な場合のアカウント停止が含まれます。

識別子 コード 説明
0 コード0は"エラーなし"を指します。
1 ERROR_KEY_DOES_NOT_EXIST アカウント認証キーがシステムに見つかりません。スペースやタブ記号を使用せずに正しくコピーしたことを確認してください。
2 ERROR_NO_SLOT_AVAILABLE 現在、アイドルキャプチャワーカーはいません。利用者はクライアント領域内のAPI設定で最大入札額を増やすまたはやや繁忙な時間を選択するでタスクを作成する必要があります。入札の仕組みについての詳細はFAQをご参照ください。
3 ERROR_ZERO_CAPTCHA_FILESIZE アップロードするキャプチャのサイズが100バイト未満です。
4 ERROR_TOO_BIG_CAPTCHA_FILESIZE アップロードするキャプチャのサイズが500,000バイトを超えています。
10 ERROR_ZERO_BALANCE アカウントの残高がゼロまたはマイナスです。
11 ERROR_IP_NOT_ALLOWED IPから現在のアカウントキーを含むリクエストは許可されていません。クライアント領域内のセキュリティ設定にあるIPリストセクションをご参照ください。
12 ERROR_CAPTCHA_UNSOLVABLE :キャプチャは異なる5人のワーカーによって解決できませんが、タスクにワーカーの工数がかかった以上、請求されます。
12 ERROR_BAD_DUPLICATES 推測の試みが足りず100%認識機能が作動しません。
14 ERROR_NO_SUCH_METHOD 存在しないメソッドで作成されたAPIへのリクエストを送信します。通常、プログラマがメソッド名を入力し間違えた場合に発生します。
15 ERROR_IMAGE_TYPE_NOT_SUPPORTED exifヘッダーまたは画像タイプがサポートされていないため、キャプチャファイルタイプを判別できません。 許可される形式はJPG、GIF、PNGだけとなります。画像には画像タイプに関する情報を保存できるEXIFヘッダーが含まれている必要があります。
16 ERROR_NO_SUCH_CAPCHA_ID リクエストしているキャプチャがアクティブキャプチャリストに存在しないまたは有効期限が切れた可能性があります。
ワーカーがタスクを完了してから60秒後に、キャプチャがAPIから削除されます。この間、アプリケーションはすべてのタスク結果とレポートリクエストの正誤を送信する必要があります。
21 ERROR_IP_BLOCKED APIの不適切な使用によりIPがブロックされました。理由はこちらとなります。
22 ERROR_TASK_ABSENT "task" 属性が設定されていないか、createTaskメソッドに設定されていません。
23 ERROR_TASK_NOT_SUPPORTED タスクタイプがサポートされていないまたは、正しく入力されていません。タスクオブジェクトの"type"プロパティをご確認ください。
24 ERROR_INCORRECT_SESSION_DATA 連続するユーザーエミュレーションに必要な値の一部がありません。API出力には、不足している部分の詳細が含まれています。
25 ERROR_PROXY_CONNECT_REFUSED タスクのプロキシに接続できません。接続が拒否されました。
このFAQセクションでプロキシ作業についてご確認ください。
26 ERROR_PROXY_CONNECT_TIMEOUT タスクのプロキシに接続できません。接続タイムアウトです。
このFAQセクションでプロキシ作業についてご確認ください。
27 ERROR_PROXY_READ_TIMEOUT タスクのプロキシの読み取りがタイムアウトです
このFAQセクションでプロキシ作業についてご確認ください。
28 ERROR_PROXY_BANNED プロキシIPはターゲットサービスによって禁止されています。
29 ERROR_PROXY_TRANSPARENT プロキシチェック状態でタスクが拒否されました。 サーバIPを非表示にするには、プロキシが非透過的である必要があります。 プロキシチェッカーツールを使用してプロキシをデバッグします。
30 ERROR_RECAPTCHA_TIMEOUT Recaptchaタスクタイムアウト、おそらくプロキシサーバまたはGoogleサーバの速度が遅いことが原因です。
31 ERROR_RECAPTCHA_INVALID_SITEKEY キャプチャプロバイダがサイトキーが無効であることを報告しました。
32 ERROR_RECAPTCHA_INVALID_DOMAIN キャプチャプロバイダが、このサイトキーのドメインが無効であることを報告します。
33 ERROR_RECAPTCHA_OLD_BROWSER キャプチャプロバイダがブラウザのユーザエージェントがjavascriptと互換性がないと報告します。
34 ERROR_TOKEN_EXPIRED キャプチャプロバイダサーバが追加された変数トークンが期限切れになったという報告がありました。新しいトークンでもう一度お試しください。
35 ERROR_PROXY_HAS_NO_IMAGE_SUPPORT プロキシはGoogleサーバからの画像データ転送をサポートしていません。 プロキシチェッカーツールを使用してプロキシをデバッグします。
36 ERROR_PROXY_INCOMPATIBLE_HTTP_VERSION プロキシは2000バイト前後の長い取得リクエストをサポートしておらず、SSL接続もサポートしていません。 プロキシチェッカーツールを使用してプロキシをデバッグします。
49 ERROR_PROXY_NOT_AUTHORISED プロキシログインとパスワードが正しくないです。 プロキシチェッカーツールを使用してプロキシをデバッグします。
51 ERROR_INVISIBLE_RECAPTCHA InvisibleRecaptchaは通常の方法で解決しようとします。
52 ERROR_FAILED_LOADING_WIDGET ワーカーブラウザにキャプチャされたプロバイダウィジェットをロードできません。新しいタスクを送信してください。
53 ERROR_VISIBLE_RECAPTCHA 通常のRecaptchaV2は、RecaptchaV2不可視として解決しようとしました。APIペイロードからフラグ'isInvisible'を削除します。
54 ERROR_ALL_WORKERS_FILTERED
reportIncorrectRecaptcha メソッドでフィルタリングされていない利用者が残りません。
55 ERROR_ACCOUNT_SUSPENDED 重大な理由でアカウントが停止されます。詳細についてはサポートチームをご参照ください。