操作ガイドメニュー

GeeTestTaskProxyless:geetest.comでのプロキシなしキャプチャ解決

ワーカーブラウザでGeeTestキャプチャを解決するタスク。アプリはウェブサイトのアドレス、gtキー、チャレンジキーを提出し、タスク完了後に3つのトークンで構成されるソリューションを受け取ります。

プロキシを必要としない点を除き、GeeTestTaskに似ていますが、弊社は独自のIPアドレスで解決します。

タスクオブジェクト

プロパティ タイプ 必須 目的
type 文字列 はい GeeTestTaskProxyless
websiteURL 文字列 はい ターゲットページのアドレス。ユーザーエリアでも、ウェブサイトのどこにでも挿入できます。ワーカーは実際にアクセスしませんが、代わりに訪問をシミュレートします。
gt 文字列 はい ドメインの公開キーは、ほとんど更新されません。
challenge 文字列 はい トークンキーの変更。各キャプチャのための最新なものであることをご確認ください。そうでなければ、エラータスクのために請求されます。
geetestApiServerSubdomain 文字列 いいえ オプションの API サブドメイン。一部の実装では必要な場合があります。
geetestGetLib 文字列 いいえ 一部の実装では必須です。文字列にエンコードされたJSONを送信します。値はブラウザー開発者ツールで追跡できます。"initGeetest" 機能の呼び出しの前にブレークポイントを置きます。

リクエスト例

CURL
          curl -i -H "Accept: application/json" \
     -H "Content-Type: application/json" \
     -X POST -d '{
    "clientKey":"YOUR_API_KEY",
    "task":
        {
            "type":"GeeTestTaskProxyless",
            "websiteURL":"http://mywebsite.com/geetest/test.php",
            "gt":"874703612e5cac182812a00e273aad0d",
            "challenge":"a559b82bca2c500101a1c8a4f4204742"
        }
}' https://api.anti-captcha.com/createTask
        

レスポンス例

エラーのないJSON
          {
    "errorId": 0,
    "taskId": 7654321
}
        
エラーが出たJSON
          {
    "errorId": 1,
    "errorCode": "ERROR_KEY_DOES_NOT_EXIST",
    "errorDescription": "Account authorization key not found in the system"
}
        

ソリューションの取得

ソリューションをリクエストするには、getTaskResultメソッドを使用します。最初のリクエストを送信する前に、ワーカーに5秒ほど時間を与えます。ワーカーが忙しい場合は、3秒以内に再試行します。

タスクソリューションオブジェクト

プロパティ タイプ 目的
challenge 文字列 ターゲットウェブサイトで送信フォームとやり取りするために必要なハッシュ文字列。
validate 文字列 必須なハッシュ文字列。
seccode 文字列 もう1つの必要なハッシュ文字列は、なぜ3つあるのか分かりません。

レスポンス例

エラーのないJSON
          {
    "errorId":0,
    "status":"ready",
    "solution":
    {
        "challenge":"3c1c5153aa48011e92883aed820069f3hj",
        "validate":"47ad5a0a6eb98a95b2bcd9e9eecc8272",
        "seccode":"83fa4f2d23005fc91c3a015a1613f803|jordan"
    },
    "cost":"0.001500",
    "ip":"46.98.54.221",
    "createTime":1472205564,
    "endTime":1472205570,
    "solveCount":"0"
}
        

トークンの使用例